ブログ

きむら治療院│鍼・灸・美容鍼灸【12月の休院日お知らせ】

6(金) 8(日) 13(金) 20(金) 27(金) 31(火) よろしくお願いします。


先日、東京で開催された日本伝統鍼灸学会学術講演会へ。講演、対談、講座、実技講演など2日間で11個の盛りだくさんのプログラムに参加。
 その中でも印象的だったのが、よくテレビ出演されている医師の川嶋朗先生の特別講演「日本を救うのは日本の鍼灸」での、『膨大な医学論文を学習した人工知能(AI)が、診断が難しい60代の女性患者の白血病を10分ほどで見抜いて、東京大医科学研究所に適切な治療法を助言、女性の回復に貢献していた。女性患者は昨年、血液がんの一種である「急性骨髄性白血病」と診断されて医科研に入院。2種類の抗がん剤治療を半年続けたが回復が遅く、敗血症などの危険も出た。そこでがんに関係する女性の遺伝子情報をワトソンに入力すると、急性骨髄性白血病のうち「二次性白血病」というタイプであるとの分析結果が出た。ワトソンは抗がん剤を別のものに変えるよう提案。女性は数カ月で回復して退院し、現在は通院治療を続けているという』という話でした。ついにここまできたのか!と衝撃を受けました。将来的にはAIのスキルアップとともに医師になる人間が減っていくだろうと…。